性能と品質

家の設計と建設、そのどちらにも、
性能評価書が発行されます。

住宅性能評価書とは、国の指定を受けた評価機関が
客観的に性能評価をおこなったうえで発行されるものです。
全部で10分野ものポイントが徹底検査されるため
安心して住むことができ、資産価値の維持にも役立ちます。
KANJUでは、この住宅性能評価書を、
設計段階と工事段階のそれぞれで取得しています。

性能評価書には、お客さまに安心いただける
さまざまなメリットがあります。

全10分野の評価ポイントを徹底調査。
KANJUは8項目において最高等級を取得しています。

性能評価書の項目だけでなく、
自社検査として500項目以上をチェックします。

KANJUでは、住宅性能評価書による検査だけでなく、自社による独自検査も実施。
地盤調査から外装下地検査、断熱検査など、工事期間中におこなう検査項目は500種類にものぼります。
そのうえで最後には社内竣工検査も実施し、これには営業・設計士・インテリアコーディネーター・現場監督など、
すべてのスタッフが参加。設計や仕様通りに完成していることをチェックしてから、
お客さまにもご確認いただき、そのうえで引き渡しとなります。

  • 地盤調査
  • 基礎配筋検査
  • 中間検査
  • 外装下地検査
  • 断熱検査
  • 完了検査
  • 社内検査