換気

換気換気は、建物を湿気から守り寿命をのばす大切な要素

換気は、建物を湿気から守りその寿命をのばすための非常に重要な要素のひとつです。また、通常生活で発生する一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物、粉塵、臭気といった汚染物質や湿気(水蒸気)などを室外に排出し、新鮮な外気を取り入れて室内を常に快適な状態に保つためにも、適切な換気への配慮が大切です。
KANJUでは壁体の内部結露を防ぐ外壁通気工法や、床下の換気が従来工法の1.5~2倍の能力を発揮するロング基礎パッキン工法を採用し建物の耐久性を向上させています。

換気 - 建物内部の結露を防ぎ、耐久性を向上させています。

外壁通気工法

外壁通気工法 木造住宅の劣化に大きく関わる要因の一つが、室内から壁面内部に入り込む湿気やそれに伴う結露です。
KANJUでは、この湿気対策として、外壁通気工法を採用。空気が暖まると上昇し、冷えると下降するという対流の性質を利用した工法です。外壁を2重構造とし、軒裏換気口を設けることにより、壁に侵入した湿気や熱気を屋外へスムーズに排出します。 外壁通気工法

透湿・防水・遮熱シート

透湿・防水・遮熱シート KANJUの家で使用されている外壁下地材『タイベックシルバー』は、夏涼しく、冬暖かい住まいを実現する透湿・防水・遮熱シートです。強靭なポリエチレン不織布にアルミニウムを蒸着させた製品で、高い遮熱性を有しています。結露や湿気対策にも有効で住宅の長寿命化に貢献します。
※一部の仕様ではオプションとなる場合があります。

ロング基礎パッキング工法

ロング基礎パッキング工法 基礎パッキング工法とは、基礎と土台の間に厚さ2cm程のJoto複合材(炭酸カルシウムとポリプロピレンの複合材)で構成されたロングタイプのパッキンを全周で挟み込んでいく工法です。コンクリートの水分を木製の土台が吸収しないため腐朽を防止できると共に、基礎コンクリートに床下換気口を開けないため、基礎工事部分の強度が損なわれません。
しかも床下の換気が従来工法の1.5〜2倍の能力を発揮します。この工法は阪神淡路大震災の反省をもとに急速に広がった換気工法で、地震が多く高温多湿な日本には最適であると言えるでしょう。

ロング基礎パッキング工法
ロング基礎パッキンとは?

床下の換気を良くする為に用いられ、建物形状や風向きなどに影響される事無く常に床下の換気が可能なため、乾燥した状態を保つことができる優れた部材です。