KANJUの家づくり KANJU

安心・安全な住まい

KANJUの家は全戸住宅性能評価書付 耐震・耐久・省エネ性能など最高等級取得

住宅性能表示制度住宅性能表示制度は平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づき、同年10月から開始された新しい制度です。工法、構造、施工会社などに関わらず統一の基準で客観的に住宅の性能評価を行い、評価書にて表示するものです。新築住宅の場合、評価ポイントは10分野。設計段階、工事段階で国の指定を受けた評価機関によるチェックが行われ、その評価を受けて「住宅性能評価書」が発行されます。

※KANJUの標準仕様では耐震3・耐久3・断熱4の最高等級を取得していますが、一部の特別仕様では断熱等級が3または2の場合があります。

住宅性能評価書があれば、安心できて、納得できます。

  • 住宅の性能が、電気製品のようにわかります

    例えばエアコンは冷暖房能力や消費電力などが表示されているので、部屋の広さにあった性能のものが選べます。住まいについても国が定めた性能表示の基準があり、そのほとんどが等級や数値でランク付けされています。この性能表示を基準にすれば、メーカーや工法にかかわらず住宅の性能を比較検討できます。

  • 希望どおりの品質かどうかを確認できます

    建てる前に施工業者と性能ランクを取り決めることができます。例えば音はあまり気にならないので防音性能はそれほど高くなくていいから、経済性を重視して断熱性能を高めたい……というように求める性能が自由に選べます。住みはじめてから「こんなはずではなかった」といった後悔をしません。

  • 工事の過程で検査するので安心です

    国の指定を受けた評価機関で一級建築士等の資格を持つプロが、第三者の立場でチェックします。設計段階はもちろんのこと、工事の過程でも現場調査を4回に渡って実施しますので、手抜きなどにまつわる不安を解消します。

  • 資産価値の維持にも役立ち、転売の時にも有利です

    法律に基づく性能評価なので、資産価値の維持にも役立ちます。将来、転売することがあった場合でも有利に進めることができます。

全10分野のポイントを、国土交通大臣の指定機関が徹底検査!

●は基本プランによる等級です。等級はプランのお打ち合わせにより変更・決定が可能です。

  • 構造の安定性能(耐震・耐風性能) - 地震や暴風、積雪などに対してどの程度壊れにくいかを評価します。
  • 火災時の安定性能 - 火災報知器の設置や火や熱をどのくらいの時間遮ることができるかを評価します。
  • 劣化の軽減性能(耐久性能) - 建物の劣化を軽減する対策を評価します。
  • 維持管理への配慮 - 配水管やガス管の清掃、点検、補修などのしやすさを評価します。
  • 温熱環境性能・エネルギー消費量(省エネ性能) - 断熱材などが、どの程度効果的に使われているかを評価します。
  • 空気環境性能 - ホルムアルデヒドの放散の程度や換気性能を評価します。
  • 光・視環境性能 - 屋外に面する開口部面積の多さを評価します。
  • 音環境性能 - 窓のサッシなどが、どの程度音を遮ることができるかを評価します。
  • 高齢者への配慮 - お年寄りや車椅子の方がどの程度安全に暮らすことができるかを評価します。
  • 防犯 - 火災報知器の設置や火や熱をどのくらいの時間遮ることができるかを評価します。
KANJUは、5分野8項目で最高等級を取得 [●構造の安定性能(耐震等級)・構造躯体の倒壊等防止・構造躯体の損傷防止・耐風倒壊防止 ●温熱環境性能 ●劣化の軽減性能 ●維持管理への配慮 ●空気環境性能・空気環境(内装)・空気環境(天井裏)]
性能保証と性能表示はどう違うの?

性能保証性能保証とは一般的に平成14年4月に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)に基づいた(財)住宅保証機構の「住宅性能保証制度」の事を指し、住宅を建設した工務店・ビルダーに構造や屋根・外壁からの雨漏りなどを10年間保証するように義務付けた制度のことを言います。性能表示とは同品確法に基づき、住宅の持つ各性能を全国共通の基準で等級や数値で表す任意の制度のことを指します。

性能表示のメリットは?

(1)住宅に関しての情報が「全国共通のモノサシ」で表されるので比較が簡単!
(2)国土交通大臣指定の「評価機関」が検査するので、中立公正な評価が得られます!
   ※(工務店独自の評価ではありません)
(3)2種類の性能評価「設計住宅性能評価」「建設住宅性能評価」を取得することにより、万が一のトラブルの際に
   「指定住宅紛争処理機関(円滑・迅速に処理する機関)」が一万円の申請料で利用できます!