KANJUの家づくり KANJU

シックハウス対策

シックハウス対策様々な対策を施し、快適で健康的な暮らしを・・・

シックハウス症候群はここ数年急激に増加しており、現在潜在的な患者数は未知数です。
KANJUでは常に清浄な空気を取り入れる24時間換気システムを導入。
またF☆☆☆☆の建材やホルムアルデヒドを吸収分解するハイクリンボードを使用するなど、 万全のシックハウス対策を施し、快適で健康的な暮らしをお届けいたします。

KANJUでは24時間換気システムを導入するとともに、F☆☆☆☆の建材を使用しています

  • 内装仕上げの制限

    内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材には、下記の制限が設けられています。

    内装仕上げの制限

  • 天井裏などの制限

    械換気設備を設ける場合には天井裏や壁内などから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐため、下記のいずれかの措置が必要となります。

    天井裏などの制限

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群とは? 新築やリフォームした住宅で、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするといった症状のことをいいます。この原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散されるホルムアルデヒドをはじめVOC(トルエン、キシレン、その他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。「シックハウス症候群」については、まだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度が高い空間に長期間暮らしていると、健康に有害な影響が出る恐れがあります。

ホルムアルデヒドとは?

無色で刺激臭のある気体で、家庭内で存在する化学物質のなかで最も空気中に存在する比率が高い化学物質です。合板などの建材の接着剤や、壁紙を貼り付ける接着剤に含まれており、家具・カーテン・カーペットなどの装飾品や衣類にもついています。水に溶けやすく、ホルムアルデヒドが溶け込んだ水溶液は「ホルマリン」と呼ばれています。

ハイクリングボード - ホルムアルデヒド吸収・分解ボード

フローリングや家具から出るホルムアルデヒドを吸収・分解

フローリングや天井、家具などから室内に放散されるホルムアルデヒドは、ハイクリンボードを通気性のある表面仕上げ(通気性壁紙、ペンキ、ケンコート)にすることによって、効果的に低減することができます。※一部の仕様ではオプションとなる場合があります。

【特徴】
  • 新築・リフォーム直後や新しい家具などから発生するホルムアルデヒドを短時間で吸収・分解します。
  • 物理的な吸着と異なり、ホルムアルデヒドを化学的に吸収・分解するため再放出されません。
  • タバコの煙に含まれているアセトアルデヒドの低減効果もあります。
  • 不燃性、施工の容易性など、せっこうボードの優れた性能は、そのまま保持しています。
  • 【性能】ハイクリンボードのホルムアルデヒド透過抑止モデル

    【性能】ハイクリンボードのホルムアルデヒド透過抑止モデル

    通常の内装壁裏面側空間では、高濃度のホルムアルデヒドがたまり、せっこうボードやビニル壁紙を透過して室内に流入する事があります。ハイクリンボードを使用することによって、壁・天井内部から室内への放散をほぼ抑えることができます。

  • ビニル壁紙仕上げとホルムアルデヒド濃度

    ビニル壁紙仕上げとホルムアルデヒド濃度

    Fco合板と通常のせっこうボード、ハイクリンボード、ビニル壁紙の組み合わせによるホルムアルデヒド濃度を密閉容器内で継続測定しました。